自宅で好きな時間にデザイン書道が学べるデザイン書道Web通信講座

デザイン書道Web通信講座は筆文字のお仕事をしたい方向けの講座です。本格的な仕事でなくても「主婦をやりながら」「副業で」「今の仕事に活かしたい」など単なる趣味ではなく、少しでもお仕事に繋げられるように教えています。書道がある程度上手くないと難しいと思われがちですが、講座では書道をやったことがない初心者から、師範を持っている方まで幅広く学べる内容となっています。

このような方におすすめです

  • 看板や商品ロゴなど筆文字で書く仕事をしたい
  • インテリア書を書いて販売したい
  • 近くにデザイン書道教室がない
  • 教室に通う時間がない
  • 書の幅を広げたい

パソコンかスマホがあれば会員サイト・動画・資料・添削・webミーティングで教室にいるように学べます

デザイン書道web講座ウェブサイト

会員サイトでは、オリジナルの動画や資料で好きなときに勉強。さらに一人ひとりに合わせた添削とサンプル、その場で質問や書き方が学べるwebミーティングなどで実際の教室に通っているようにデザイン書道が学べます。会員サイトはスマホ対応なので、PCが苦手な方やパソコンを立ち上げるのが面倒な方でも大丈夫です。

1.合計約130個の教材をご用意。繰り返し何度でも確認できます

講座サイトをiphoneとimacとipadで表示

講座は毎月用意してある動画を見て学ぶのがメインとなります。道具や筆使いから、文字の崩し方、色々な線質の書き方などを実際に書いている動画で説明します。教材は動画が102個、音声9個、資料12個、記事8個とたっぷりありますので、実際の教室を受けているように学べますし、何度も繰り返し見ることができます。

※教材は一度に全部は見れません。毎月開放されていき、1カ月目〜14カ月目まで順番に学んでいただきます。

2.月2回の課題で一人ひとりに合った添削とサンプルを制作

毎月1日と15日に課題が出ます。課題で書いた作品には「こんな風に表現するともっと良くなりますよ」と、細かいアドバイスを書いてお送りいたします。さらに、課題で書いた作品の作風に合わせて、サンプルを制作いたします。

なぜ月2回かというと、デザイン書道はお手本を見て書くわけではないからです。お手本通りに書く場合、すでに正解が見えてるので書いたらすぐ終わりますが、デザイン書道はまず自分で考えて書くため時間がかかります。添削した書と私が書いたサンプルが送られてきた後は、それをさらに練習する流れとなるため、月2回が最適なのです。

【添削の流れ】

  1. 課題を制作
  2. 書いた作品を提出(作品を撮るかスキャンしてメールで送ってください)
  3. 作品にアドバイスを書いた添削と、作風に合わせたサンプルを制作してメールでお送りします
  4. サンプルを見て練習
  5. 会員サイトでは他の方が書いた作品も見れます

このようなサイクルで進んで行きます。

3.サンプルの筆文字を加え解説したオリジナル資料

デザイン書道のコツから様々な書体を書き分ける方法など、筆文字の書体サンプルを交えて解説した資料です。メルマガの1週間で学ぶデザイン書道のコツ講座でご紹介したコツも実際にサンプルと解説を交えてご紹介しています。

※写真の資料はイメージです。実際はpdfとなります。
※資料は毎月あるわけではありません。

4.webミーティングで自宅が書道教室に

スカイプを使用して、月1回webミーティングを行っています。メールでは聞ききれない相談や、こんな内容をやって欲しいなどのご要望など、お茶会気分で1時間話せます。映像でのミーティングなので、リアルタイムに書いているところも見ることができます。その場でわからない部分のリクエストなどができ、まさに自宅が書道教室になります。他にも、日々、1人で学んでいると孤独ですし、やっていることが合っているのか?などの不安も出てくると思います。それらを講座参加者を交えてコミュニケーションをしつつ疑問を解消できます。

5.分からない箇所を気軽に聞けるメール相談

疑問に思ったこと分からないことをそのままにしておくと、上達しません。そういったことをメールで何回でも相談が可能です。

6.会員サイトの掲示板でコミュニケーション

サイト内に掲示板がありますので、気軽に質問や情報共有、会員同士でコミュニケーションが取れます。他の人がした質問や回答などが見れるので、参考になります。

文字の崩し方を感覚ではなく理論的に教えますので応用ができます

私は理系だからか「こんな感じでシュッとサッと書いてやればいいんだよー」みたいな右脳的な教え方はいやですし、自分でも理解しにくいです。それだと違う字を書く時に応用が効かなくなってしまいます。

実は、文字を格好よく崩すには法則がありますし、力強い書体、モダンな書体などに見せるにも法則があるのです。その法則に乗っ取って教えます。

もちろんその法則を知っただけでは、いきなり書けるようにはなりません。色々な文字に当てはめて、試して発見して、積み重ねて行くことで書けるようになります。何でもそうですが、テクニックを知っただけではダメということです。最初から書ける人はいませんから、毎月題材を変え基本を行いつつ、新しいことを学べるようにしています。

フォトショップ・イラストレーターの使い方も教えます(オプション)

フォトショップを開いているmacの画面

月謝の中に含まれないオプションのコースとなりますが、フォトショップ・イラストレーターの使い方をスカイプを使って教えます。スカイプは画面共有ができますので、自宅にいながらお互いの画面を確認しながら学ぶことができます。

デザイン書道で仕事をする場合、ほとんどデータ納品です。そのため、フォトショップやイラストレーターが使えるようにならなければいけません。

ソフトの使い方が学べる専門学校に通ったり、マニュアル本などを読んでもいいですが、デザイン書道で使わないことを沢山学ぶこととなりますし、本を見ても何を使っていいかわからないということになりかねません。そうならないようにデザイン書道に必要なことを重点的に教えます。

受講されている生徒さんの感想

私は高田先生の講座に大満足です。悩みながら書いた課題が添削されて返信されてくるのが楽しみです。先生の指示は具体的で、それに準じて書くと、納得の仕上がり字になるから不思議です。

送っていただいた添削で、コツをここで使えばいいんだということが、とてもよくわかり、俄然やる気が出ています!固定概念を外すのって難しいですね。あらためて、自分のを見直すと、ちっさくまとまってるな~と。少しづつ進歩ですね。もう一度、先生の書を見本に、練習したいと思います!

その他の感想はこちらをご覧ください。

デザイン書道は誰かのために書く書道

デザイン書道web講座のコンテンツ内容

ここで、デザイン書道と書道の違いについて触れておきたいと思います。デザイン書道と書道の一番の大きな違いはわかりますか?

それは、

  • 書道は自分のために書く
  • デザイン書道は誰かのために書く

ということです。つまり目的が違うのです。

書道は「字が上手くなりたい」「師範を取りたい」「精神統一」「教室を開きたい」などが目的かと思います。デザイン書道は「ロゴを書きたい」「作品をプレゼントしたい」「文字で感動させたい」などといったように、その先には『誰か』がいると思っています。ちなみに私は「書で感動を与えたい!」というのが動機でした。人によって違うとは思いますが、私はこれが一番の違いだと思っています。

普通の書道とデザイン書道の習い方の違い

普通の書道

書道教室の場合、当然月謝がかかります。その他にも、昇級昇段テストや展示会に出すにはお金がかかります。書道の学校であれば師範になるまで早くて2年くらいかかります。師範を取った後に教室を開くとなるとかなりのお金がかかります。

デザイン書道

月謝はかかりますが、昇段試験などはないのでそのお金はかかりません。自分で仕事をこなせるくらいの技術が身についたと思ったら仕事ができます。仕事として書を書くので当然お金が入ります。さらに看板や商品名などを書いたら自分の字が世の中に出るわけです。それってすごいことだと思いませんか?まさに仕事してる!という喜びが味わえます。もちろん仕事としてではなくても大丈夫です。プレゼント用にひとこと書いたり、年賀状や絵葉書などをデザイン書道で書くことでもとても喜ばれます。

デザイン書道の魅力とは?

私の実体験からデザイン書道をやっていてよかったというものを上げてみました。

  • 仕事になる
  • 憧れの人に会えた
  • 自分の文字が世の中に出る
  • 喜ばれる
  • 夢が叶う
  • 自分で稼ぐ喜びが味わえる

夢が叶うというのは、私は昔からhideさんの大ファンなのですが、デザイン書道をしていたことによって、イベントで書道パフォーマンスをさせていただきました。デザイン書道を始めた時からの夢だったので、まさにそれが叶ったのです。

デザイン書道Web通信講座の月謝

14カ月目まで:9,000円(税込)

14カ月目以降:4,500円(税込)

  • 入会金やお手本代は無料です。
  • 入会のお申し込みをいただき、ご入金が確認できた方は会員サイトへ新規登録していただきます。
  • 14カ月目以降は新しい教材がなくなりますので、月謝が安くなります。

ご入会から講座開始までの流れ

お申し込みから講座開始までの流れをご説明をいたします。

  1. 下記のフォームよりお申込み
  2. 月謝のお支払い(月謝を確認した時点で正式なご入会となります)
  3. 月謝を確認後、会員サイトへ新規登録
  4. 会員サイトにアクセス
  5. 毎月1日にその月の教材と前半の課題が見れるようになり講座開始

月謝のお支払いについて

お支払い方法は銀行振込、PayPalのクレジット決済、PayPalで銀行振込の3種類となります。PayPalをご利用希望でアカウントをお持ちでない方は、フォーム送信後にPayPalのサイトへ移動しますのでそちらでアカウントの開設をお願いします。

  • 銀行振込
  • ・毎月月末までのお支払い。初月のみご入会時となります。
  • ・お振込み手数料はご負担いただきます。
  • 【お支払いイメージ】
  • 8月24日に月謝のお支払いがあった場合、次月の月謝は9月31日までのお支払いとなります。
  • PayPalのクレジット決済
  • ・PayPalのアカウント登録(無料)が必要になります。お振込み手数料はかかりません。
  • ・フォーム送信後、PayPalのサイトへ移動しますのでそちらでお手続きをしてください。
  • 【お支払いイメージ】
  • 8月24日に月謝のお支払いがあった場合、次月の月謝は9月24日に自動決済となります。
  • PayPalで銀行振込
  • ・PayPalのアカウント登録(無料)が必要になります。PayPalを使った銀行振込になり、毎月自動で引き落としされます。
  • ・フォーム送信後、PayPalのサイトへ移動しますのでそちらでお手続きをしてください。
  • ・対応している銀行や手続きに必要なものがありますので、詳しくはペイパルのページをご覧ください。
  • 【お支払いイメージ】
  • 8月24日に月謝のお支払いがあった場合、次月の月謝は9月24日に自動決済となります。

講座はお申し込みいただいた月の翌月1日に1カ月目の教材と課題が開放され開始となります。1日にご入会いただいても翌月開始となりますのでご注意ください。ご入会後、教材と課題が出る1日までは「デザイン書道のおすすめの道具」などのコンテンツをご覧いただけます。

デザイン書道web通信講座お申込みフォーム
フォームにご入力してお申し込みください